--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_10
05
(Tue)19:00

「問題が解けない」を段階的にとらえる

試験を受けるということは端的に言うと「出される問題を解くこと」です。
そして当然ながら、出された問題を解ける人が合格し、解けない人が落ちます。


しかしこの「問題が解けない」というのも、状況によってなんというか千差万別ですよね。

問題文の意味すら全く理解できない

という状況なのか、それとも

論点を絞り込めてはいるけれども正誤が判定できない

という状況なのか。


ひとくちに「問題が解けない」といっても自分は今いったいどういう状況なのか、まずは冷静にそういうところから整理して考えてみると、やるべきことが明確になって効率的に勉強計画が立てられたりもすんじゃないの?とか思ったので、「問題が解けない」という事象を段階的にちょっと整理してみましたよ。

※記述の正誤を判定するベーシックなタイプの問題(例:【問】日本で最も高い山は富士山である…みたいな)を想定しています。



【1】
問題文の意味がそもそも全く理解できない。

【2】
問題文に出てくる単語の意味などはわかるが、文章全体でみると意味がわからない。

【3】
問題文の意味は理解できるが、正誤の判断に関しては全く見当もつかない。

【4】
問題文の意味が理解でき、たぶんこの箇所がポイントだろうという見当がなんとなくついている。

【5】
見極めるべきポイントはつかめているが、その箇所の正誤は判定できない。

【6】
見極めるべきポイントが特定でき、当該箇所の記述が誤りであることは少なくとも判定できるが、正しい記述に直すことはできない。

【7】
問題文の誤った記述を正しく直すことができる。問題文が正しい記述であることを確信できる。




って感じなのかなあと。


【1】
問題文の意味がそもそも全く理解できない。
【2】
問題文に出てくる単語の意味などはわかるが、文章全体でみると意味がわからない。


に関しては、テキストとかをとばしていきなり過去問解いてみたときとかにありがちの状況ですが、わからないながらも解いていってみるとなんとなくわかってくることもあるので、くじけずになんとなく覚えていってみましょう。
逆に、けっこう勉強も中盤に差し掛かってるみたいな段階でこういう状況だったら正直やばいです。テキストをもっかい読み直すところからはじめたほうがよいかも。
あと実際ありがちなこととしては、試験の内容云々以前に国語力・日本語力が足りないために問題文が読めないというパターン。
小説とかでもいいんでとにかく文章を読みまくってまず日本語を読むこと自体に慣れる段階からはじめることをおすすめします。日本語力があるとないとでは、勉強の効率に大きな差が出ます。マジです。これについては後日改めて書いてみようと思います。


【3】
問題文の意味は理解できるが、正誤の判断に関しては全く見当もつかない。


に関しては、まあ焦ることはないです。潔くさっさと解答・解説を読んで頭に入れましょう。
知らなかったことはその都度頭に入れていけばよいのです。
解説の文章をなんとなくダラダラ読むのではなく、「どのへんがポイントなのか」「で結局結論はどうなのか」を整理して覚えるようにすると良いでしょう。


【4】
問題文の意味が理解でき、たぶんこの箇所がポイントだろうという見当がなんとなくついている。


なんとな~く「たぶんこのへんが論点なんだろうが…」という感じはしているけれど、よくわからんという状況。
ある程度勉強が進んだ状態で新しい問題に対面したときによくあるのがこれか【5】の状況だと思います。
文章全体を通して読んで、「なんとな~く違和感を感じる」とか「何かがおかしい…どこかはわからないが…」みたいな感じがしたら、たぶん実際どっかがおかしいです。たぶん細かいところの記述がおかしいとか、部分的な記述は正しいけど文章全体をみるとおかしいとか。
問題を解くセンスや直感みたいなのも実際かなり重要だと思います。考えるな、感じるんだ!!!的な。


【5】
見極めるべきポイントはつかめているが、その箇所の正誤は判定できない。


「この箇所以外の記述は確実に正しいから、あとはこの箇所の正誤さえ判断できれば文章全体の正誤が判定できるのに、それがわかんないんだよな~」という状況。
例えば「【問】日本で最も高い山は富士山で、その高さは3766mである」という問題が出たとして、「日本で最も高い山は富士山」が正しいことは確信できるんだけど、高さが3766mなのかどうかはわからない…というようなケースですね。
まあこの場合も【3】と同じように、さっさと答え見てその場で覚えちゃうのが良いです。
おさえるべき論点とその結論だけピンポイントで覚えればいいので、さくっと頭に入るはず。


【6】
見極めるべきポイントが特定でき、当該箇所の記述が誤りであることは少なくとも判定できるが、正しい記述に直すことはできない。


例えば「【問】日本で最も高い山は富士山で、その高さは3766mである」という問題が出たとして、「日本で最も高い山は富士山」で、かつ「高さは3766mじゃない」ことは確信できるんだけど、じゃあ実際何mなのかまではわからない…というようなケース。
実際、試験では正誤さえ判定できればいいんで、正しい記述に直すとどうなるのかまではわかんなくても問題解けるわけですが、試験勉強段階では【5】みたいな感じで覚えましょう。
いやでも実際、記述式など細かいところまで正確に理解してないと正答できないような問題でもない限り、試験ではこの「誤りであること自体はわかるけど正しくは直せない」程度の理解でもなんとかなることが多いと思います。
試験受験に際して覚えなければいけない膨大な事項をすべて【7】の状態までもっていくことは非効率というかはっきりいって不可能なので、全体を【5】くらいのざっくりした理解度で軽く流したうえで、試験直前にできる限り【7】の状態に近いとこまでもっていくという戦略がよいのではと思います。
実際、細かい数値など「暗記」しなければならないことはあんまり勉強の早い段階でやっても試験直前期になったら忘れてしまうので、初期段階では細かいとこまでは覚えなくていいから概要や流れを「理解」することに努め、暗記系は試験直前にやるのが良い、ということは普通に言われてますしね。



っていうかあれかな、僕って【6】で書いたような適当な覚え方してるから細かいこと問うような試験苦手なのかな。社労士とか(汗)

まあ試験にもいろいろパターンとか癖とかあるんで、試験によって最適なやり方は違ってくることもあるでしょうが、皆様の勉強戦術のご参考になれば幸いです。そいじゃまた。


シカクロード!!!―資格試験の罠!?シカクロード!!!―資格試験の罠!?
(2005/08)
鈴木 秀明

商品詳細を見る







↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。