--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_10
25
(Sun)00:00

数検実物過去問題集 1級2次

最近なにかと話題の数学検定の参考書。


数検実物過去問題集 1級2次数検実物過去問題集 1級2次
(1999/09)
日本数学検定協会

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 数学検定の公式過去問集、1級2次用。この2次ってのが数学検定の場合ちょっと特殊なんすよね。普通、1次2次って分かれてる試験って、1次に通んないと2次受けらんないってのがほとんどというか、1次2次って本来そういう意味だと思うんですけど、数学検定の場合、1次試験と2次試験が同じ日に実施され、1次のみに合格すると計算技能検定合格証、2次のみに合格すると数理技能検定合格証、1次2次ともに合格すると実用数学技能検定合格証が発行されますってことになってます。でもそれってなんというか、1次とか2次とかっていうのと違くね? 単に「計算科目」と「数理科目」ってことでよくね? まあそんな感じなのです。

  2. で8回分の過去問と解説が収録されてます。うちにあるのは2003年7月に出た第2版なんですが、2000年~2002年分が掲載されてます。

  3. 価格が税込1,050円しかしないのはまあ安いとは思うけど…



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. 装丁としてははっきり言って最悪の部類に入ると思います。書籍のサイズはA5版なんですが、その中にA4の紙を2つ折りにしたものをいっぱい集めて無理矢理綴じ合わせたみたいな不思議な装丁になっています。まあたぶん実際の問題用紙そのままのレイアウトで過去問を楽しめるようにという意図なんでしょうが… で、綴じ部付近にあるミシン目に沿って切り取ることによって、あら不思議、A5版の本なのにA4サイズの問題用紙が取り出せるよ!ということになってるのですが、とかいう以前に折り畳まれてる内側の部分はそもそもミシン目から切り開かないと読めないというひどい構造になっています。なぜなら、A4サイズにしたときのヘッダー部分とフッター部分の両方がミシン目になっているから… 文章で書くとわかりにくいですが、要するに雑誌の袋とじがいっぱいついてる本みたいな状況になってて、袋とじの内側は見えないようになってるわけです。何なのかなこれ…新手のいじめ…?っていうかギャグ…?



【資格公式サイト】

  1. 数学検定




[参考] ※数学検定関連グッズ

「数検」新過去問題集1級・準1級「数検」新過去問題集1級・準1級
(2005/05)
日本数学検定協会

商品詳細を見る

数検実物過去問題集 1級1次数検実物過去問題集 1級1次
(1999/09)
日本数学検定協会

商品詳細を見る

「数検」問題集 1級「数検」問題集 1級
(1998/03)
日本数学検定協会

商品詳細を見る

数検(数学検定)の完全対策 1~3級数検(数学検定)の完全対策 1~3級
(1995/03/30)
日本数学検定協会

商品詳細を見る

日本数学検定協会公認 数検DS ~大人が解けない!?子供の算数~日本数学検定協会公認 数検DS ~大人が解けない!?子供の算数~
(2008/04/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る



↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。