--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_08
01
(Sat)00:00

よくわかる「世界の恐竜」事典

8月っ!!!


よくわかる「世界の恐竜」事典 (廣済堂文庫)よくわかる「世界の恐竜」事典 (廣済堂文庫)
(2009/07/30)
ブレインナビ

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 廣済堂文庫から恐竜本が出たっ! 類書としては「世界の幻獣」とか「世界の妖怪」とか「世界のドラゴン」とか、かなりファンタジーっぽいシリーズのはずなんですが、ここへきて恐竜とはねえ…ネタ切れ?(笑)

  2. というかいや僕実は子供のころ恐竜とかすごい好きだったんですよ。パキケファロサウルスとかヴェロキラプトルとか懐かしい…。ということで、110種くらいの恐竜(その他の古代生物含む)がかっこいいイラストつきで紹介されてます。かっこいい!(2回言った!)

  3. 名前の意味・由来がわりとちゃんと書いてあるところが個人的には良いなあと思いました。アパトサウルス=惑わすトカゲ、アロサウルス=変わったトカゲ、ステゴサウルス=屋根のトカゲ、ブラキオサウルス=腕のトカゲ なんだってさ。へえー。



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. つってもまあしょせん文庫なんでね。もうちょっとちゃんと勉強してみたいかたはもうちょっとちゃんとした本を買いましょう。

  2. 上でイラストつきとか言ってますが、実はイラストがついてんのは紹介に2ページ以上割かれてる恐竜たちだけで、1ページに収まってるマイナー恐竜たちにはイラストがついてません。ざんねーん!



【関連資格】

  1. 動物検定(恐竜検定)




[参考] ※シリーズ本?の一部

よくわかる「世界の幻獣(モンスター)」事典―ドラゴン、ゴブリンからスフィンクス、天狗まで (廣済堂文庫)よくわかる「世界の幻獣(モンスター)」事典―ドラゴン、ゴブリンからスフィンクス、天狗まで (廣済堂文庫)
(2007/03/29)
「世界の幻獣」を研究する会

商品詳細を見る

よくわかる「世界の妖怪」事典―河童、孫悟空から、ドラキュラ、口裂け女まで (廣済堂文庫)よくわかる「世界の妖怪」事典―河童、孫悟空から、ドラキュラ、口裂け女まで (廣済堂文庫)
(2007/07)
「世界の妖怪」を探究する会

商品詳細を見る

よくわかる「世界のドラゴン」事典―サラマンダー、応龍から、ナーガ、八岐大蛇まで (廣済堂文庫)よくわかる「世界のドラゴン」事典―サラマンダー、応龍から、ナーガ、八岐大蛇まで (廣済堂文庫)
(2007/10)
「世界のドラゴン」を追究する会

商品詳細を見る



↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。