--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_07
27
(Mon)00:00

「怖い絵」で読む世界の歴史―その中に隠された“ミステリー”とは?

今週は暇だなあ…


「怖い絵」で読む世界の歴史―その中に隠された“ミステリー”とは? (知的生きかた文庫 わ 6-12)「怖い絵」で読む世界の歴史―その中に隠された“ミステリー”とは? (知的生きかた文庫 わ 6-12)
(2009/07/21)
綿引 弘

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 絵がいろいろ載ってて、それにまつわる歴史の裏側みたいなのがいろいろ書かれた本。

  2. 「怖い絵」がテーマということで、おもに戦争とか略奪とか謀殺とかについての内容となってますが、おもしろいねーこれ。歴史はいまひとつ苦手なんですがこういう本は好き。文庫本とは思えない読みごたえです。価格も税込790円と、文庫本としてはちょっと高いけど…まあ全編カラーで美しい図版が楽しめますのでそこはまあ妥協しよう。

  3. グロい残酷な絵がいっぱい載ってるのかなーとドキドキしながら読みはじめたんですが、実際そういうのが紹介されてるのは第1章くらいで、第2章~第5章は絵そのものはそんなにグロくなくて、その背景にいろいろ黒い歴史とかがありますよというノリなので、ちょっと残念といえば残念(笑)



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. 特になし



【関連資格】

  1. 歴史能力検定

  2. 美術検定




↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。