--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_07
07
(Tue)00:00

劒岳―点の記

母なる立山連峰。


劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
(2006/01)
新田 次郎

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 最近映画化された、『劒岳―点の記』を読んでみた! 富山県人なら読まずにはおれないでしょう!

  2. 日本地図の最後の空白地点、劒岳を登頂せよ!そして測量せよ!という物語。男くさいです。ドキドキです。昔の測量は大変だったんだなあというミもフタもない感想を抱いてしまいました。とりあえず死者が出なくてよかったですね…ってあっ、これってもしかしてネタバレ? あー映画で観たい。

  3. 測量士補の試験で出る、測量機器の具体的な使い方みたいな話とか、三角点設置にかかわる測量実務の流れとかが書かれてるので、微妙に測量士補試験の勉強になります。まぁ今はGPSとか、もっと進んだ技術がいろいろと出てきてるんで、古典知識みたいな感じかと思いますけどね。

  4. てかこの本のあとがき的な章に書かれてる日付がなんと昭和52年(1977年)! 僕が生まれるよりも前に書かれた本なんですねこれ。スゲーッ!!! というかむしろなぜ今になって映画化!!!

  5. ちなみに僕も小学校のころだかに雄山には登ったことありますが、劒岳はないんすよねえ…今はあのときとはまたずいぶん変わってるんだろうな立山も。



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. 文章だけでも十分いろいろドキドキできるのですが、やっぱり立山連峰の厳しい自然環境や地形については文章だけではいまひとつイメージしにくい。地名とか山の名前とかもいろいろ出てきますが、巻頭の地図には書いてない地名も多いし…やっぱりビジュアルで観てみたいところですよね。ということで映画観にいこうかな…



【関連資格】

  1. 測量士・測量士補

  2. 地図力検定




↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。