--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_07
01
(Wed)00:00

「資格の天才」ヤマモトの司法書士試験 学説問題解法テクニック

なんかちょっと体調不良…かも…


「資格の天才」ヤマモトの司法書士試験 学説問題解法テクニック「資格の天才」ヤマモトの司法書士試験 学説問題解法テクニック
(2008/02/14)
山本 浩司

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 早稲田セミナーの名物講師(!?)、山本浩司氏の著作。

  2. 司法書士試験では、いわゆる「学説問題」っていう、単純な知識問題ではなくて、「この学説と矛盾する記述は以下のうちどれか」とか「○○については第1説と第2説があるが、第1説の根拠となる記述は以下のうちどれか」みたいな、ちょっと考えさせる系の問題がちょこちょこ出るんですが、本書はこうした学説問題に特化した内容の参考書です。

  3. 試験で使えるちょっとしたテクニック!とかいうのとはまたちょっと違う内容で、学説問題は判例とか別に知らなくても論理的に考えればおのずと解答が導けるよねという、論理パズル的な視点で書かれてます。なるほどーっ!!!って感じです。

  4. もちろん法律知識も(断片的に)身に付きますが、そっちはむしろオマケ的な感じ。

  5. かなり頭の体操というか、論理的に物事を考えるトレーニングにもなりますので、司法書士試験受験者ならずとも、読んでみると脳の活性化に役立つかもよ。



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. めちゃ難しいっていうわけでもないですがかなり頭使う内容なので、読んでて疲れてきちゃったりもするかも。



【資格公式サイト】

  1. 司法書士




↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。