--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_06
18
(Thu)00:00

日本語「ぢ」と「じ」の謎―国語の先生も知らなかった

今日たまたま受けた日本語力認定ことば検定と内容がけっこう関連してます。


日本語「ぢ」と「じ」の謎―国語の先生も知らなかった (知恵の森文庫)日本語「ぢ」と「じ」の謎―国語の先生も知らなかった (知恵の森文庫)
(2009/06/11)
土屋 秀宇

商品詳細を見る



【ポジコメ】(ポジティヴなコメント)

  1. 地球は「ちきゅう」なのに、なぜ地面は「じめん」?というような、日本語のかなづかいや漢字などについての矛盾や謎を追う一冊。これはおもしろい!

  2. これを読むといかに日本語が矛盾に満ちた言語かということを思い知らされます。国や文部省の言語政策が相当アレだったことが要因としては強そうですが、それにしてもこんなひどい歴史があったとはね。今はなんとなく特に違和感なく使ってる日本語ですが、そういえば学生時代、文法とかを習ってる時分に「なんでこうなるの?」的な疑問がいろいろあったっけなあ。まさかこういうことだったとわ!…みたいな読後感に浸れることうけあいです。まーでも矛盾とか違和感ってことでいうと、日本語に限らず英語とかフランス語とかにもいろいろ突っ込みどころはありますけどね。完璧な言語なんてものはない。

  3. 日本語や漢字の勉強になることはもちろんですが、日本の言語教育や言語政策について楽しみながら振り返れる一冊となってますので、日本語教育能力検定のお勉強にもうってつけ! モロ試験範囲やからね。



【ネガコメ】(ネガティヴなコメント)

  1. 言語政策の歴史について書かれてるところでは専門用語とか人名とか組織名とかがけっこう出てくるので、ちょっと読み進めづらいかも。

  2. 税込740円と、このヴォリュームの文庫本にしてはちょっと値が張ってる印象。



【個人的メモ】

  1. 「嗅」には点がついてるのに「臭」にはついてないのが昔から謎だったんですが、まさかそんな理由だったとは。



【関連資格】

  1. 日本語教育能力検定

  2. 日本語力認定ことば検定




↓皆様のClickがとても励みになります。よろしければぜひポチッと。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。